読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花札

 「花よりおじさん」の撮影スタッフ代表と、「おじさん」達の花札勝負がとても面白かった。ドラマ以上の面白さがあった。

 撮影チームには女医が同行していたようだ。そりゃそうだよ。王様とか、会長などの御一行なのだから、「医女」が随行して当たり前だ。

 女医が同行しているくらいだから、本当は食事係とかコックも同行していたのでは?イ・ソジンが食材をかき集めて調理をしているシーンはなんだか怪しい。

 4日間の絶食以後体調はずっといい。

下痢

 私ではなく、Tさんが酷い下痢状態らしい。4日連続の下痢で、それもダダ漏れの状態。ダダ漏れは厳しい。今日病院へ精密検査に行ったようだが、ノロウイルスあたりで留まってくれたらいいのだが。心配だ。人間歳を取ると負の局面と正の局面が極端に現れるようだ。

 アーミテージマイケル・グリーンなどのジャパン・ハンドラ―たちがハチャ・トラ政権によって粛清されつつあるらしい。めでたいことだ。日本の夜明けだ。ネオコン、マスコミのボディブローを喰らっているようだが、なんとか持ちこたえて欲しいものだ。

春二番

 春二番が吹き荒れたあとは久しぶりの雨。体調も昨日よりはずっといい。牛乳を切らすといけないので、これから雨のなかを買い物に出なければならない。

微痛

 腹に微痛を感じる。念のために夕食後正露丸を2粒服用。牛乳を切らしていて、夕方まで飲まなかったのが微痛の原因かも。牛乳は切らさないほうがいい。飲み過ぎ傾向なのは明らかだが、腹痛よりはまし。

 

 今週中に確定申告の書類を用意せねば。売り上げ激減だから、今年の書類書きは超簡単だ。いいような、悪いような。

正露丸

 富士薬品の勧めで、下剤として、正露丸を飲んでみたが、その効能にびっくり。初日に「用法及び用量」に従って3粒飲んでみたら、翌日はひどい下痢だった。1日3回服用していたら酷いことになっていただろう。これはヤバイということで1日1粒にしてみたらこれでも結構な効能。名称的にはいかにも穏やかそうな印象だが、劇薬であったのだ。

 しかしまあこれで、便秘気味なときは正露丸1粒飲めばこと足りるわけだから、気分的にらくだ。150粒も入っていて1函500円。メッチャ経済的でもある。一人で悩まないで、専門業者に聞いてみるのも大事だ。

 「心医・ホジュン」が130回で終了した。地味ながらいいドラマだった。しかし、ホ・ジュンのような男を亭主に持ったら災難だ。倭寇のシーンには何故かしきりに胸が痛んだ。

痩身

 *今日の歌

春一番に痩身を煽られ

 ミラボー橋まで行かな

 

 春一番が吹いた。車の運転時は長袖シャツ一枚でも暑いくらいだった。夜風もさほど寒くなく、昼間の春風の名残をとどめていた。しかし、明日は一転して寒くなるらしい。

 いつも苦労している仕事が順調に片付き、明日は配達がないので今夜は正男氏の弔い酒。世子が世子を毒殺するという王朝惨酷物語。それにしても、いたずら動画の撮影だと女達を騙して使うとは。従来のテロ、暗殺のイメージとはかけ離れている。うまいことを考えたものだ。

よそうがい

 よそうにはんしてちょうへいそくではなく、ゲリになった。どうもせいろがんがえいきょうしたらしい。へいそくのはいべんふぜんよりはよっぽどいいが、それでもげりにはげりのふぐあいかんがあるものだとあらためておもう。しかし、げりのふぐあいはごしんじょうでかんたんになおせるからありがたい。

 

 はちゃめちゃ・とらんぷせいけんがおかしなことになってきた。ちょっとしんぱいだ。めいげつあかぎやまがちかいかも。あべっちもっていった51ちょうえんはかえってこないかも。