読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全額返済

  遠回しな表現ではあったが、区の融資は不可となったようだ。作った書類は返還するというから、不可が確定ということだろう。

 信金が私の返済能力に疑念を抱いたようだ。無理もないことである。たとえ月々23000円という微々たる?返済額ではあっても、書類上では返済不能と出ているに相違ない

 過去を振り返ってみて、よくもまあ、あんな物凄い返済ノルマに耐えてきたものだとつくづく思う。7年前は5個のローンを抱えていた。よくも、というより、なんであのローンをクリアできたのかと、自分自身不思議に思うほどだ。当時の返済額の十分の一とか、二十分の一の返済額に対して、朝日信金は正しく返済不能の判断を下したわけである。残念というよりも、なぜか感動の念の方が強い。

 あと3回で満期に達するのでちょっと惜しい気もするが、定額積み金を解約して車の購入資金に充てよう。ついでのことにOさんの借金もこの際返済しよう。新車を購入する金がありながら、借金を返済しないというのはいいことではない。5月を予定していたが、返済は急げだ。

 「借金は返すな」の著者は宮崎学氏だったろうか。自分とは無縁の(爆)タイトルだったので買って読むことはしなかったが、タイトルだけはよく覚えている。宮崎氏には、銀行のカウンターの上に仁王立ちとなって放尿するというエピソードがあるそうだ。穏便な私にもう全然思いも及ばない芸当である。放尿ですっきりするよりも、全額返済ですっきりする方を選びたい。