読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免許更新

 免許更新のため江東試験場へ。予想していた講習などはなく、1時間もかからずに更新手続きは完了。20分ほど待つだけで新しい免許証を手にすることができた。有効期限は平成32年3月までだ。視力検査の感じからして4年後の更新も問題なさそうだ。あと7年間車の運転、仕事が続けられたらとりあえずはOKだ。(考えてみれば、本番の更新手続きよりも、事前の高齢者講習会の方が遥かに中身があり、ハードルが高かった)

 午前10時前に帰りの電車に乗ることになった。強風のため東西線東陽町と中野間の折り返し運転。大手町で千代田線に乗り換えお茶の水で下車。昔ビルメン時代に入った店はマクドではなく、スタバであることが現場に着いて判明。折角来たのだしとスタバに入る。フィローネとカフェラテで計790円。緊縮財政化にあっては大変な散財。しかし、カフェラテはすこぶる旨かった。

 無駄に散財はすまいとリュックから堤未果の「沈みゆく大国 アメリカ」を取り出して、旨いカフェラテを飲みながら読んだ。

「八十年代のメキシコやアメリカ同様に国家の切り売りが進み、格差が進んで「金融植民地」と化した韓国に、その総仕上げとして米韓FТAが仕掛けられた。多くの国民が反対したにもかかわらず、外資に支配権を握られた大手国内マスコミは、日本でTPPの話題が登場した時のように、その利点ばかりを繰り返し宣伝した。FTAが導入されて以来食の安全や公共サービス国民皆保険制度が猛スピードで形骸化してゆく韓国の現状は、迫りくるTPPや国家戦略特区で薬価が自由化されるここ日本にとって、おそるべき近未来像を示している」

 う~ん、大手マスコミは略奪者の手の内にあるわけか。ということは韓流ドラマも当然略奪者の戦略に沿って作られるということになる。見る者を思考停止に囲い込む。たしかに韓流ドラマに嵌ると思考停止気分になるわ。(x_x;)