読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十九日

 信用金庫で定額預金を解約。満期まで残り3ヶ月。「大変お得な商品になっております。解約されるのはもったいないです」と窓口の女の子が嘆く。私だって嘆きたいよ。区の低利融資を通してくれていたら、こんなことはしないで済んだのだ。こういうものもありますが、とマイカーローンのパンフを示された。金利2.9%だから、年間43500円の支払いになる。区の融資を受けた場合と比較すると、約3100円増の月額26000円のローンということになる。23000円でもダメなんですから、26000円となったらもっとダメでしょう。ということで結局定額預金は解約と相成った。

 ひふみの四十九日にお花を買いたいと娘たちが言うので、環七の近くのライフまで付き合う。途中、招き猫を買ってひふみの骨壺の横に置いてひふみの霊に乗り移ってもらうプランを話したが。「あの子はあまり物欲のない子だったから、招き力はあんまり期待できないかも」ということだったので、無理強いはしないことにした。

 左腕が疲れていたので今日の仕事は打ち切って、夕方4時という早い時間に銭湯に出かけた。江北湯が休み日なので、最近半年ほどは行っていない星谷浴泉にでかけたのだが。脱衣所で入浴用品が入っているショーケースの中を何気に見ると、可愛い招き猫が置いてあるではないか。この猫に招かれて今日はここに来たに相違ない。やはり何か縁がありそうだ。このことを娘たちに話してみよう。