読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠気

 弁当の用意が出来なかったので安納芋2本とあらびき茶だけでランチを済ませた。さすがにそれだけでは物足りなかったと見えて、帰ってから仕事を始めようとすると空腹感がかなり強い。食べ残しの味噌汁が適量分あったので火にかけて飲んでみた。空腹感を満たされたのは良かったのだが、予想外の眠気に襲われた。さほど疲れているわけでもないし、睡眠不足でもない。明らかにお腹が満たされたことから来た眠気である。それにしても内容の乏しい、具が玉ねぎだけの味噌汁だけでこんな濃密な眠気に襲われるとは意外。

 ネット検索してみたら「食後の眠気」についてこんなふうに書いてあった。

 「体内に摂取された糖質は、インシュリンというホルモンによって、細胞内に取り込まれていき、エネルギー源となる。しかし、インシュリンの分泌量が乱れている場合は糖質を過剰に細胞内に取り込んだり、逆に全く取り込まないという状態になる。その結果、低血糖や高血糖となり、異常な眠気を引き起こす」

 のだそうである。インシュリン、糖質、低血糖、高血糖。そして眠気。お椀一杯の味噌汁だけでこんなことが発生するものなのか。おそらく、一杯の味噌汁に対して体内が条件反射的に反応した、と考えるのが正解かも知れない。

 とにかく食事は眠気を引き起こす。お椀一杯の味噌汁でさえ猛烈な眠気をひきおこす。これは大いに留意しておくべきことだ。朝、昼食わないで一日を過ごすのはちょっとしんどいことだから、朝軽く一善。昼は食わずに眠気やって来てもいい夜にしっかり食べる。これが正解だろう。

 幸いにも白米ご飯でも200回噛みが可能であることが確認できた。朝は白米、夜は玄米でやってみよう。美食も噛めば噛むほど旨くなる。