読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

 昨夜は完璧に熱帯夜だと思っていたので、寝苦しい夜を覚悟していたが、さほどではなかった。髪を洗い、蒸しタオルで上半身のベトベト感を拭きさえすれば、熱帯夜も恐るるに足らず。快的睡眠の途上で熱中症で死ぬのであれば、それはそれで結構ではないか。

 断捨離を開始して以来、今まで出すことのなかったゴミをまとめて出すようになった。金曜日には不燃ゴミをかなり出したし、今日も可燃ゴミとしてカセットテープ類を大量に出した。果たしてもっていくかどうか心配だったが、ドンマイだった。

 断捨離を始めてつくづく思うことは、われわれの世代がいかに旺盛な、または犯罪的な消費活動をしてきたか、ということだ。そういう意味ではポケモンGO-にあんまりめくじらをたてるわけにはゆかないのではないか。ささやかな自己責任だ。

 カセットテープの断捨離は明日が本番だし、それが終るとレコード盤の番だ。並みの若者以下の消費活動だったと思う。それなのに捨てるとなると苦労する。

 *近頃の歌

 地下鉄銀座線淡路町の駅舎が

  なじかこの頃しきりに懐かし

 その昔ベレー帽を買い求めし

  店などあるはずがなけれど

 少子、貧困化で日本社会は明らかに下り坂にある。下り坂でアクセルを吹かすバカはいない。むしろエンジンを切ってもいいくらいだ。