読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉音放送

 平成の玉音放送、何度聞いてもいい。いずれもわれわれの存在に深く微妙に関わる言葉として、不思議な親和力を湛えた言葉である。