読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  韓国では食事は家族、グループ、同僚などと一緒に摂るのが普通で、一人で食事をする人は変わった人とみなされるそうだ。おそらく変わった人どころではなく、深刻な問題を抱えた人、と見なされるのが現実だろう。そう言えば韓流ドラマで一人食事のシーンは見たことがないような気がする。

 また韓国では飲食の場では先輩上司が、後輩部下の代金を持つのが普通だそうだ。「未生」でも部長や常務のクレジットカードで部下達が飲むシーンが2度ほどあって、アレ、と思ったが、あれが普通のことだったのだ。オ課長などは毎回のようにキム代理とチャン・グレに飲ませていたもんなあ。あれが普通なのだ。

 一人食事の風習のない韓国ではコンビニ弁当はなかなか売れなかったそうだ。ところがミニストップが店内にイートインコーナーを設置してみたところ、売り上げが伸び始めたそうだ。コンビニ弁当はこの4年間で売り上げが4倍に伸びたそうだ。韓流ドラマもこういう要素を加味して見るといろいろと面白いかも。

 しかしながら、私はコンビニ弁当はよほどのことがない限り食べないし、若者がコンビニ弁当たべることに関しては、深く憂慮する者だ。コンビニ弁当に代表されるようなミネラル不足の食生活の結果、日本の若者の精子は70%近く激減してしまったそうだ。若い女性においても安産の可能性が遠のいているそうだ。コンビニ弁当とは、実は亡国弁当だったのである。

 韓国において、一人コンビニ弁当の若者が増加するかについて、私は非常なる関心をもって注視している。イートインコーナーでコンビニ弁当を食べると、身体的にも深刻な問題を抱えることになる鴨。