読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 「マネーゲームで破綻した国は、債権者である金融業界に借金を返すためにIMFに金を借り、その条件として切り売りした国の資産やインフラや社会保障をグローバル企業群に最安値で買い叩かれる。

 最後に国際弁護士がやってきて、ISDS裁判で最後の一滴まで搾り取られるという、どうやっても1%が儲かるパターンができている」

 それだったらマネーゲームに手を出さなければいいのだが、そんなことはとうてい許されない世界構造になっているようだ。つらいことである。