読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミサイル

* 今日の歌

トウモロコシの絞り粕をば満載し

 ミサイル弾が飛んで来る夢

 核爆弾を搭載したミサイルだろうと、トウモロコシの絞り粕を満載したミサイルであろうと、わたし個人にとっては大した差はない。むしろ、絞り粕爆弾の方が打撃力が大きいかもしれない。

 経済制裁と、バカの一つ覚えみたいなことを唱えているが、北朝鮮のような国家体制の国に対して何の効き目がないことは、唱えている方も十分に承知して言ってるんだわね。断じて許せないなんて言ってるが、言葉の上だけの話。心のなかではもっとやれ、と呟いているに相違ない。核実験をどう利権に結び付けるか、どう経済活動に結び付けるか、それしか考えていないんだわね。

 「未生」「カボチャの花の純情」共に面白かった。「カボチャの花」は途中で見るのをよそうかとおもったが、だんだんドラマのテンポがよくなってきたし、どうやら最終回まで見れそうだ。

  しかし、「カボチャの花」でちょっと気になるシーンがあった。広大な野菜畑からスンジョンとミンスが野菜を軽トラに積み込むシーンだ。カリフォルニアの農場を連想させるものであり、韓米FTAをなんとなく想起させる。