読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川啄木

 *今日の歌

鳴戸鬼院の「石川啄木」入荷せりと

 電話がありて進退窮す

 

なまなかに忘れ難きは夕べに柿を

 食べ頻尿に襲われしこと

 

「ネットではなく」直接紙に書くべしと

 海原純子氏に言はれたる(爆)

 

 アリオの熊沢から「石川啄木」が入荷したと電話があった。日曜日にピジョンメガネに行く予定なので、その時に受け取ろう。新調したメガネで「啄木」を読む。イメージ悪くない。

 イメージはたしかに悪くないのだが、最近は軟らかめの本ばかり読んでいるし、ドナルド・キーンの著書に歯が立つかどうか。ドナルド・キーンの著書読むのも初めてだ、投げ出さずに読み通したいものだ。

 十四歳の時に読んだ石川啄木の歌集が、私の歌の出発点であったと言えるだろう。あれから57年。今、原点としての啄木へ回帰するということなのか。眠くなったり、退屈になったりしませんように。そんな風になったらガックリだ。