読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*今日の歌

「帝国の贈り物はいらない」と

 フィデル・カストロ翁は健在

 

 昨日の夜は何故か気が滅入ってしまったが、今日はアサイチに太極気功十八式をやったせいか、割と元気になった。気候も涼しくなったし、これからは少し早めに起きて毎朝気功をやることにしよう。

 考えてみれば、寂しさを感じることは当然のことだ。寂しさを感じないほうがむしろおかしいくらいだ。取り残された寂しさ。生き残るということは実に寂しいことでもある。まあ、でも、あと30年はどんなに寂しくても、生きるんだ。

 気候もよくなったし、仕事も暇になることだし、これからは様々な健康法を駆使して、生きまくるのだ。