読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takuboku

 「石川啄木」を少しずつ読み始めた。啄木の貴族的で傲慢な態度は何に由来するのか。また、あの表現形式はどういう契機からは発生したのか。われわれが漫然と受け入れてきた啄木像、啄木の歌の形式について考察が進められてゆくとしたら、非常に楽しみでもある。啄木歴57年にして、遂に出会うべき書に遭遇したということなの鴨寝。

 凄い台風が沖縄本島に接近しているらしい。瞬間最大風速80メートルも予想されるというから、凄いものだ。気温も東京では33度が予想されている。これも記録的であるらしい。地上数千メートルで起こる出来事については、どんなことであっても驚くにあたらないのかもしれないが、地表に生きる微生物として、一応は驚くべし。

 

 *今日の歌

かぼすばかりを忍ぶにあらねど亡き人より

 毎年贈られしかぼすの甘さ

 

皮ばかりが厚くて味も素っ気もなき

 買ひしかぼすへの恨みがまたも