読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調と景気

 昨日は体調が良くなかった。筋肉系の疲れを感じる。景気も良くない。多分この傾向はずっと続くだろう。多分これは東日本現象とよぶべきものだろう。来るべきものが遂にやってきたということか。

 売り上げが半減に近い。これは東日本の体力が半減したということを物語っている。そう認識すべきだ。

 

 「人間が自分の時代が過ぎてかうまで生き残ってゐるということは、決して幸福な事じゃない。殊にも文化の推移の激甚な明治の老人達の運命は悲惨だ。親も悲惨だが子も悲惨だ。子の感ずることを感じない親と、親の感ずることを可笑しがる子と、何方が悲惨かは一寸わからない。

 何事にも驚くこころのあるだけが、老人たちの幸福なのかも知れない」

 

 啄木のこの言葉を胸に刻んでおこう。まことにその通りだ。