読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンネット

 *今日の歌

 

ボンネットの上に閑雅に寝転がる

 猫ありシステム社会をよそに

 

過去生のことにあらずよこの季節に

 自己啓発セミナーに通ひしは

 

  今日手元に届いた十日町タイムスによると、今回の知事選はすったもんだの連続だったようである。柏崎刈羽原発の再稼働にゴーサインが出される寸前の時期だったことを考えると、背後に原発資本が動いていた可能性がある。

 「何幕もある芝居を見ているような」展開の終幕は、真坂の野党連合の勝利。自公が強固な地盤を誇る十日町でさえ連合候補の得票が勝ってしまったようだ。信じがたいことだ。根強い泉田支持のせいか。元長岡市長が魅力に乏しかったせいか。それとも米山の選対部長森裕子の迫力勝か。東京に暮らしている私には解らない。

 これで柏崎刈羽原発の再稼働は難しくなったのではないか。泉田に代わって民意が前面に出てきてしまった。しかも大差の民意だ。福島の事故の検証と活断層問題。それに民意が加わってしまった。これを無視することは出来ないはずだ。

 それにしてもお気の毒なのは関口市長だ。夏の参院選に続いて今季二度目のションボリ会見。「二度あることは三度ある」と心中呟いておられるような風情だ。確かに次の衆院選は予断を許さないものがある。TPP断固反対。原発再稼働反対を明言しない限り落とされるのだから、情勢は厳しい。