読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会堂

 *昔の歌

 

欲望は充ちつつありてピンポンの

 やさしいラリーは無焦点

 

ピンポンの球追ひ行きて会堂の

 玻璃越しに見し冬草の青

 

 「会堂」の所在地は記憶しているが、その他の記憶はおぼろである。割と記憶がはっきりしているのは、彼女が入口を背にしていたことことくらいか。会堂のガラス戸越しに冬草を見たことなど全く覚えていない。ひょっとしたらこの二首が青春の記念碑となるべき作品なのかも知れない。