読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髪切虫

 *昔の歌

 

灯すさずに洋封筒の端を裂く

 秋夜髪切虫と化しつう

 

コーヒーにしきりに不純物をそそぎ

 「組織と人間」について語らふ

 

 えらいこっちゃ、えらいこっちゃ、よいよい、よいよい。あのハチャメチャ・トランプがヒラリー婆さんに勝っちゃった。とにもかくにも、アメリカ国民にとってはめでたいことだ。どっちがより不人気かを競う選挙みたいだったが、ヒラリー婆さんが落ちて良かったと思う。政権中枢にいながら、何十年間もなにもしてこなかったというトランプのチクリも効いた。オバマケアが問題にされたのはヒジョーに良かった。ヒラリーが富裕層の代弁者という批判も結構効いたのかも。

 ということは、アホかと思っていたアメリカ国民が意外と賢明だったことになるのでは。とにかくメディアの大合唱にもかかわらず、国民が独自の判断を持ったことには感心せざるを得ない。日本の場合は開票10秒くらいで当落、勝敗が決まってしまうんだから、お話にならないよね。

 

 M君元気に暮らしておられるだろうか。学生時代によく御徒町の喫茶店でコーヒーを飲みながらしゃべくった昔が懐かしい。「組織と人間」についてどんなことを語りあったのか全く記憶にないが、このテーマについて語り合った相手が彼であることは間違いない。今となってみると、何を語りあったかはどうでもよく、誰と語りあったかが重大問題となっている。