読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙禱

 *昔の歌

 

バラ線のいばらの門の暗がりで

 苦汗の額と額を照らしあふ

 

戦列の先端すでに磨滅して

 かなた火炎となりゆくが見ゆ

 

 もう何も覚えていない。遠い昔に横須賀闘争というものがあったらしい。結構リアルな表現でもあるし、嘘偽りとは考えにくい。人生というのは本当に不思議なものだ。劇場のようなものだとつくづく思う。

 

  そうそう、思い出した。原子力潜水艦エンタープライズ横須賀寄港阻止闘争だよ。その時の米国防長官はマクナマラとかいう奴だった。俺の脳味噌も結構しっかりしているではないか。まさかこんなことを思い出すとは驚きだ。