読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代は変わるか

 中国ではネット通販が急成長しているらしい。意外なことだ。将来的には200兆円規模の市場になるとか。

 一方露天商も盛んらしいが、品質的に露店の品物よりもネットの商品のほうが信頼される傾向にあるようだ。このこともある意味では不思議である。露店の商品があまり信用できないということか。

 露店で扱える品物には限りがある。野菜、果物、肉、魚、衣類、日常雑貨くらいなものだろう。それらをネットで買うとしたら大量に注文しないと送料がかかって割りに合わないはずだ。私だったら露店で調達するけどなあ。ネットと露店の落差については現実に中国に行ってみないことには理解できないこかも知れん。

 

 米大統領選挙でトランプ陣営は、「テレビやネットの広告は減らし、ツイッターフェイスブックを主要なツールとした」そうだ。なるほどね。主要メディアがこぞってヒラリー支持キャンペーンをぶったにもかかわらず、ヒラリーが負けてしまった。このことに日本のメディアは全く触れていない。触れるわけにはゆかなかったのだ。

 日本でツイッターフェイスブックが選挙の主要ツールとなるのはずっと先のことだろう。まだまだマスメディアが世論誘導力をもっている。しかし、新聞が読まれなくなってゆくことは確実だ。