読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午後二時

 *今日の歌

午後二時の太陽光を燦々と

 浴びてゐ眠る銀杏の大樹

 

午後二時のラーメン店で笑ひつつ

ビッグコミック」を読みたる昔

 

 夜の七時近くになってからF企画から電話があった。「つかぬことを伺いますが、お金を失くしませんでしたか?」というものだった。「つかぬ」という言葉だけで「キタ―」の心境だったが、「お金」で確信の気分に。「失くしました!」と言って、封筒に入っていた金額を申告して、落とし主でであることが証明されて、明日受け取りにゆくことになった。

 お金が返ってくることはなんてったって有難いことだが、この師走を意気消沈の気分で送らずに済むことがとにもかくにも有難い。TPPなどというトンデモ法案(だったっけ)が成立して、その上お金を失くすとなったら踏んだり蹴ったり年末だ。しみじみ、良かった。

 トランプはTPP離脱と言っているが、これは全く信用できない。こんな旨みのある、悪魔的協定から抜けるわけがない。