読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 死が謎の世界であるならば、生もまた謎の世界であると言える。私たちは謎の生を生き、謎の世界へ死んでゆくことになるのか。

 苦も楽も絶対的なものではなく、時間的なものにすぎない。そのことについては、すべての人が知っていることだ。永遠的に思えたことが、実は一瞬のことに過ぎないということ。

 私たちは常に、一瞬と永遠の前に存在しているのかも知れない。それだったら、あまり身の処し方を気にしなくてもいいのかも。確かに、わが身は自分で処したいという気分はあるが、あまりそれに拘る必要はないのかも。わが身を処す。それもまた幻想にすぎないのかも。