読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  アスクルの火事は鎮火したみたいだが、森友学園の火はいまだに燻り続けているようだ。決定的な事実がこれからあきらかになってくるということか。日本会議という団体名、人脈がしきりに出て来る。こんな団体が幅を利かすような世の中になると、水を飲むこともオシッコをすることもままならない世になる、ということなのかも知れない。

 昨年後半の大不況に加えて今年は仕事場の家賃更新と、上の部屋の家賃更新が二つ重なる。仕事場の更新で手持ちの資金がほぼ底をついたが、今年の出だしはまずまずの業績。問題は三、四月の業績だ。ここでなんとか上の部屋代更新料を確保したおきたい。機械設備に回せる資金はほとんどない。何事も今年一年をやり過ごすことができますように。