読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗

 夕べは失敗だった。あまり面白くない「マンドク」を見始めたらこれが二話連続で、見終わったら11時を過ぎてしまって、おかげでブログの更新を断念せざるをえなかった。

 飛び飛びに見ているせいか、どういうストーリーなのか伝わってこない。最初は東南アジアを又にかけて活躍する女商人の物語かと思ったのだが、どうやら舞台はもっぱら済州島のようだ。それはそれでいいのだが、主役のイ・ミョンはダメだ。全然なってない。

 マンドクの少女時代を演じている女の子、どこかで見たことがあるなあと思っていたのだが、なんと「のだめカンタービレ」のシム・ウンギョンだったではないか!もう一人どこかでみた女人がいるなあと思っていたら、これがなんと「ワッタ・チャンボリ」の主役オ・ヨンソではないか!いったいどうなったてんだ。

 俳優の使い回し、ストーリーの使い回し、セットの使い回し。あんだけたくさんのドラマを作るからには、それもやむを得ないことなのかも。国際金融資本の意を受けたドラマがし烈に進行しているのだろう。しかし、やはり、「ワッタ・チャンボリ」は秀悦なドラマと言えるだろう。あと22回あるが、しっかり秀悦性を保てるかどうか。

 

 最近のニュースはもっぱら「金正男暗殺」と「森友学園」の二本立てで終始している。この二つの事件はどこかで関連性があるのだろうか。