読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意の地雷

 ゴアとブッシュが大統領選を争ったとき、ブッシュのアホさ加減に溜息をついてみせるゴアよりも、アホなブッシュにアメリカ国民は親近感を寄せてしまった。そしてブッシュが大統領になってしまった。溜息をつかなかったら大統領になっていたかも知れないゴア。「ゴアの溜息」として語り継がれていることだ。

 スズキ自販で車の1年点検をやってもらっている間、町山智浩の「USA語録」を読んでいたら同様な記述があった。アメリカ人は自分たちと同じようなレベルの人(大統領候補、もしくは大統領)が好きなのだそうだ。マスコミなどが持ち上げる人物よりも、自分たちとどっこいどっこいの人物が。

 そういうことになるとハチャメチャ・トランプを引きずり下ろすことは月日を追うごとに難しいことになりそうだ。マスコミがトランプを揶揄すればするほど、トランプの地歩が固まってゆくという構図になる。そのうち「嘘つきマスコミ」という合唱に加わる人数が増えてゆく。これは厄介だ。

 

 韓国では朴大統領の弾劾判決が出て、大統領が失職した。大統領の弾劾失職は史上初だそうな。五月に大統領選挙があるそうだ。崔順実という人が度を越したした結果だろう。欲望というものはほどほどのところで抑えるのが難しいということだろう。

 大統領選挙は五月だそうだが、仮に野党候補が当選したとしても国際金融資本にがっちり押さえられているし、資本の意に従うしかないのだろう。